2014年7月24日木曜日

階段脇にクリーピングタイム

アプローチの階段脇の植栽例です。
傾斜地で土が流れるのを防ぐのに、クリーピングタイム、アジュガ、アベリアなどを植え込んでいます。
タイムは伸びすぎて見苦しくなるので、冬場に思い切って刈り込んでおくと春からまた新芽が
伸びて、毎年きれいに維持できます。


2014年7月19日土曜日

知足の蹲

当店のサンプルガーデンにある蹲(つくばい)は、龍安寺にあるもののレプリカです。
吾唯知足(われただたるをしる)の文字がデザインされています。
水戸の黄門様が寄進したと伝えられていて、石庭で一度にすべての景石を見ることが出来ないことを不満に思わない心を持ちなさいという戒めの意味が
込められています。

2014年7月17日木曜日

龍安寺の油土塀

龍安寺の石庭、実家から近かったんですが、初めて行ったのは就職してからでした。
私はどちらかというと、石庭より後ろの赤さびた楽焼の肌のような土壁の色に魅かれてしまいます。
調べてみるとこの塀は油土塀といって、赤土に菜種油を練り混ぜて作られているんだそうです。
石庭の白川砂とのコントラストがなんとも味わい深いです。

2014年7月6日日曜日

Fiona Lawrensonさんのお庭

以前、ガーデンショーでご一緒させていただいたチェルシーのゴールドメダリスト、フィオナさんのお庭です。植物、オーナメント、レンガや石材の配置がパーフェクト!私がいつも目標にしてきたお庭です。

シダレモミジの坪庭

こちらは約一坪の面積ですので、ホントに坪庭です。
一坪あればシダレモミジ、雪見灯篭、つくばい等をうまく配置して立派な日本庭園の雰囲気を作り出せます。

2014年7月3日木曜日

景石とスギ苔の坪庭

以前からあった景石を再利用して約3坪のお庭が完成しました。
やっぱり苔ってイイですね。